/

この記事は会員限定です

クイーンが「古典」になった年 新興バンドも台頭

あいみょん、米津にKing Gnuが活躍 回顧2019音楽

[有料会員限定]

昨年11月に公開された英ロックバンド、クイーンのフレディ・マーキュリーの半生を描いた映画「ボヘミアン・ラプソディ」のヒットを機に、今年は過去のクイーンの曲が爆発的に流行した。

洋楽の売り上げが低迷を続ける中で、クイーン作品の総売り上げ(デジタルも含む)は、今年に入って日本だけで160万枚を超えた。

クイーンは世界に先駆けて日本で人気に火がついたバンドで、デビュー2年後の1975年に初来日を果たして...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1237文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン