/

この記事は会員限定です

情動はこうしてつくられる リサ・フェルドマン・バレット著

定説崩し新たな在り方示す

[有料会員限定]

「ありがた迷惑」。これを意味する言葉は外国語には見当たらない。他にもドイツ語のシャーデンフロイデ(他人の失敗を喜ぶ)、ポルトガル語のサウダージ(深い郷愁)など、文化圏固有の情動語は枚挙に暇(いとま)がない。

著者はこれらの語を情動の定説を打ち崩す証拠にあげる。定説によれば、情動は喜怒哀楽など万人に共通の小レパートリーからなり進化的に古い大脳辺縁系が担う。対する理性は進化的に新しい大脳皮質が担当し、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り748文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン