/

この記事は会員限定です

国際デジタル課税の論点(上) 消費地国に「新課税権」配分

森信茂樹 中央大学特任教授

[有料会員限定]
ポイント
○消費者向けビジネスの多国籍企業が対象
○通常利益を上回る超過利益の一部を配分
○英国やフランスの独自課税取り下げ重要

20カ国・地域(G20)の強い支持の下で約130カ国・地域が参加し議論してきた「経済のデジタル化に伴う新たな税制」の検討が加速している。10月と11月に経済協力開発機構(OECD)事務局から2つの提案書が公表され、2020年1月末の大枠合意、20年末までの最終報告書のとりまと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2642文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン