/

この記事は会員限定です

公開情報から事実追求 エリオット・ヒギンズ氏

英ベリングキャット創設者

[有料会員限定]

画像や位置情報、データベースなどネット上の公開情報を使った調査の手法を広げたい。ロシア軍が関与したウクライナ上空でのマレーシア機(MH17)撃墜事件や英国で起きたロシア人元スパイの毒殺未遂事件の真相を暴いたことで認知度が高まった。誰もがアクセスできる公開情報を通じた事実の追求は報道にとどまらず、個人や地域コミュニティーの地位向上にもつながる。

2011年に全く異なる本業の傍らで公開情報の分析を始...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1720文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン