/

中国の新エネルギー車とは 販売台数、世界の6割

きょうのことば

▼中国の新エネルギー車

中国の新エネルギー車の販売台数は世界の約6割を占める。中国政府の区分で新エネ車は電気自動車(EV)、充電できるプラグインハイブリッド車(PHV)、水素を燃料とする燃料電池車(FCV)が含まれる。充電できないハイブリッド車(HV)は含まれないが、大気汚染対策を重視する中国政府はガソリン車の一部として燃費が良いHVを優遇する施策も検討している。

英調査会社LMCオートモーティブによると、1~9月の乗用車の新エネ車の販売台数は前年同期比29%増の83万台。中国政府の普及方針にいち早く対応した中国勢が強く、1~5位までを占める。1位は本業が電池で自動車分野に進出した比亜迪(BYD)で前年同期に比べ37%増と好調だった。

中国政府が2019年から自動車メーカーに一定比率以上の新エネ車の製造・販売を義務付けたため、外資勢も新エネ車に力を入れる。1~9月の販売台数では独フォルクスワーゲン(VW)が前年同期の3倍に増え、米テスラも2.3倍に増えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン