伊集院静「ミチクサ先生」(82)

伊集院静「ミチクサ先生」
2019/12/3付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
その他

店に入る子規たちの姿を見て、女将らしき女性が歩み寄って来て、

「ご連絡のありました"一高"の学生さんでございましょうか。当家の女将でございます」

と丁寧に訊(き)いた。

すでに日本の最高学府に入る予科の学校として、第一高等中学校の名前は一般の人たちにも知れ渡っており、"一高"と略して呼ばれていた。

「そいじゃ。手紙を差し上げた一高の正岡です」

と子規は胸を張って自慢気に答えた。

子規のうしろにいた藤…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]