北海道の日本画(5) 片岡球子「羊蹄山の秋色」
北海道立三岸好太郎美術館副館長 土岐美由紀

美の十選
2019/12/3付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

蝦夷富士とも呼ばれる羊蹄山。北海道西部の支笏洞爺国立公園にある成層火山だ。富士に似て美しい円錐(えんすい)状だが、描かれたのは大地から盛り上がる拳のような山。錦のごとき樹々を従え、聳(そび)えている。

北海道の銀行からの依頼でカレンダー原画として片岡球子が描いたもの。院展出品の大作、「面構」を描きあげ、疲れも癒えぬうち、画家は防寒着と風呂敷包みの画材を携え、飛行機にとび乗って取材へ向かった。83…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]