伊集院静「ミチクサ先生」(81)

伊集院静「ミチクサ先生」
2019/12/2付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
その他

子規がひと夏をかけて一冊の文集を作るという計画を最初に打ち明けたのは夏目金之助だった。

第一高等中学校の予科を修了し、秋にはいよいよ本科へ上がることが、子規に新しいことをはじめる決意をさせた。

「夏目君、あしはここらで松山と、上京してから考えとったことの決算をしようと思うておる」

「決算とはたいそうなことだな」

「そうじゃ。文集をまとめようと思うとる」

「文集?」

「はい。漢文、漢詩、短歌、俳句、謡曲、戯…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]