北海道の日本画(3) 横山操「夕張炭鉱」
北海道立三岸好太郎美術館副館長 土岐美由紀

美の十選
2019/11/29付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

大画面に描かれたズリ山。石炭採掘での捨て石が円錐(えんすい)状の山をなしたものだ。臭うような黒煙が煙突から噴きあがり、立ちこめた煙の底に沈み込むように建物の屋根がひしめいている。取材地は北海道の夕張。明治中期に石炭採掘を始め、1950年代後半には人口が11万を超えるほど栄えた炭都だ。横山操が描いたのもその頃。

新潟生まれの横山は戦後、「溶鉱炉」や「炎々桜島」など、激動する現代の社会や自然を題材に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]