/

この記事は会員限定です

アイアンショット 7番156ヤード基準に打ち分け

田村尚之(11)

[有料会員限定]

前週で今季シニアツアーの全日程が終了した。シニア参戦6年目は全18戦にフル出場し、3季ぶりの優勝はならなかったが、8月のファンケルクラシックで2位タイ、日本シニアオープンで4位に入るなどして賞金ランク12位。昨季ツアー全体で1位となったパーオン率は3位。上位の2選手はP・マークセン、呂文徳選手だから日本人ではトップということになる。

グリーンを狙うアイアンショットでもアドレスはドライバーと変わらな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り541文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン