/

この記事は会員限定です

再考・英語教育(複眼)

安西祐一郎氏/鳥飼玖美子氏/萩原聡氏/長谷川閑史氏

[有料会員限定]

2020年度に始まる大学入学共通テストの目玉だった英語民間試験の活用が見送られた。今後、英語入試の再構築に向けた議論が始まる。グローバル化が進む中、日本の英語教育と入試はどうあるべきだろうか。入試改革の議論をリードした有識者や英語教育の専門家らに話を聞いた。

◇ ◇ ◇

「自ら表現する力」伸ばせ 元中央教育審議会会長 安西祐一郎氏

今回の改革は入試改革ではなく教育改革なのだと一貫して言い続けてきたが、入試の問題だけが社会的に注目されたのは残念だ。

論点になった経...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3846文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン