ラグビー

サンウルブズ、若手軸に 早大の斎藤ら15人選出
スーパーラグビー

2019/11/27付
保存
共有
印刷
その他

スーパーラグビー(SR)の日本チーム、サンウルブズは26日、今季のメンバーの一部となる選手15人を発表した。早大のSH斎藤直人、天理大のCTBシオサイア・フィフィタの大学生2人が入った。その他は元イングランド代表のCTBベン・テオら外国人選手が13人となっている。

 記者会見するサンウルブズの大久保ヘッドコーチ(26日、東京都内)=共同

記者会見するサンウルブズの大久保ヘッドコーチ(26日、東京都内)=共同

最終的な選手数は約40人の予定。今年のワールドカップ(W杯)日本代表は数人にとどまる見込みで、戦力や集客への影響が懸念される。今季は日本ラグビー協会が国内トップリーグとSRの日程を重ねたため、日本の企業チーム所属の選手の参加が難しくなった。

一方で2023年W杯の代表入りが期待される若手を多く選ぶ。斎藤はパスの速さや質、持久力が極めて高い逸材。今年のW杯入りを目前で逃した若手らも加入の方向で調整している。

ヘッドコーチは元サントリー監督の大久保直弥氏。日本人初のSRの指揮官となる。同氏は「スピードやスキルを使ってスペースを攻めることは生命線」と昨季の路線を続ける方針。「W杯は過去の話。未来への第一歩がサンウルブズ」と語った。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

ラグビーのコラム

電子版トップスポーツトップ

ラグビー 一覧

 日本大ラグビー部は20日、大麻取締法違反(所持)の疑いで部員の樋口弘晃容疑者が逮捕されたことを受け、ホームページ(HP)上で謝罪し、活動の無期限停止を発表した。
 同容疑者への対応については「捜査の状 …続き (20日 23:25)

 ラグビーのトップリーグ、クボタは20日、全国大学選手権で優勝した早大のSO岸岡智樹や準優勝した明大のWTB山崎洋之ら10人の新加入を発表した。〔共同〕 …続き (20日 18:31)

現役最後の試合を終え、ファンの歓声に応える近鉄のトンプソン・ルーク(19日、東京・秩父宮ラグビー場)=共同

 ラグビー日本代表として、昨年のワールドカップ(W杯)日本大会で8強入りに貢献したロックのトンプソン・ルーク(38)が19日、所属先の近鉄で現役最後の試合に臨んだ。東京・秩父宮ラグビー場で行われたトッ …続き (19日 22:04)

ハイライト・スポーツ

[PR]