/

この記事は会員限定です

池森賢二(26)3LDK

方向性めぐり意見に相違 大手のような戦略 個性失う

[有料会員限定]

2003年6月にファンケルの社長になった藤原謙次さんの経営はダイエー出身らしく規模拡大にかじを切った。組織と店は大きくなるが、利益が落ち込んでいる。ファンケルは売り上げより収益を優先する経営文化だ。06年に藤原社長に懸念を伝えると、「1年間は口を出さずに任せてほしい」と言う。

藤原さんがいい人であることは間違いない。実は「社長の在任期間はまず4年」の約束だったので再び見守ることにした。抗酸化物質「コエンザイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1120文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

池森賢二

ファンケル会長の池森賢二さんは1980年に無添加化粧品のファンケルを創業し、人々の「不安、不満、不便」を解消しようと奮闘してきました。子供のころに父を亡くし、中学卒業後に様々な職業を経て起業した激動の人生を振り返ります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン