名鉄の名車両、OBが記録する思い出の軌跡
合併・買収繰り返し多種多様の魅力 清水武

カバーストーリー
2019/11/26付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

名古屋鉄道から、伝統の2扉車が特別車を除いて姿を消すという。何度も合併・買収を繰り返した名鉄は、「パノラマカー」をはじめ「これほどバラエティーに富んだ車両を有する会社はない」といわれた。社員として運行に携わっている間は多様な車両の数々にずいぶん苦労させられたが、退職後は姿を消していく彼らを記録に残そうと地道に活動を続けている。

長く名鉄の代名詞となったのが、1961年にデビューしたパノラマカー(…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]