オーガ(ニ)ズム 阿部和重著 虚実交錯 もう一つの現代史

2019/11/23付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

阿部和重の最新刊は、『シンセミア』『ピストルズ』に続く、神町3部作の完結編である。前2作を知っていた方が理解しやすいが、本書から取り掛かっても問題ない。面白いと思った人は、遡って、前2作を読めばいいだろう。

山形県にある神町出身の作家・阿部和重の住まいに、CIA職員のラリー・タイテルバウムが、血まみれで転がり込んできた。まったく事情が分からないまま、阿部は重症のラリーの面倒を見る。さらに彼は3歳…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]