/

この記事は会員限定です

池森賢二(24)鈴木敏文さん

不思議な縁、流通向け拡大 セブンに次ぎローソンも

[有料会員限定]

セブン―イレブン・ジャパンを創業した鈴木敏文さんと出会ったのは1993年。当時の東急エージェンシーの社長が、取引先の元気のいい社長を集めた勉強会「21世紀研究会」で出会った。その座長が鈴木さんだ。

研究会のメンバーにはAOKIの青木拡憲さん、ドトールコーヒーの鳥羽博道さん、カプコンの辻本憲三さんのほか、経済評論家の堺屋太一さんも名を連ねた。鈴木さんの講話が中心で、統計学と心理学をかみ合わせた考え方に深く傾...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1129文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

池森賢二

ファンケル会長の池森賢二さんは1980年に無添加化粧品のファンケルを創業し、人々の「不安、不満、不便」を解消しようと奮闘してきました。子供のころに父を亡くし、中学卒業後に様々な職業を経て起業した激動の人生を振り返ります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン