/

この記事は会員限定です

アメリカのニーチェ ジェニファー・ラトナー=ローゼンハーゲン著

「劇薬」手にした国の精神史

[有料会員限定]

本書は、アメリカ人の自己形成史である。ウィスコンシン大学で歴史を講ずる著者にとり、「ニーチェとはわれわれのこと」である。さらに、アメリカ人はニーチェを読む前からニーチェ主義者だ、とも言われれば、その意味を尋ねたくなる読者は多いだろう。

解釈の鍵を握るのは、ラルフ・ワルドー・エマソンである。ハーバード大学の哲学部に名を残すエマソンは、ニーチェが崇拝しつつ殺害した知的神々のうちただ一人生き延びて「良き...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り727文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン