/

この記事は会員限定です

池森賢二(21)サプリ進出

全役員の反対押し切る 価格破壊に悪評まかれる

[有料会員限定]

神奈川県の税務署から優良法人として表彰したいと申し入れてきた。時期は忘れたが、のちに「税務署長を顧問として迎えてほしい」と求めてきた。理由は「きれいな会社でないと任せられないから」という。

外部から「貸しを作った方がいい」などと言われ、顧問として2人を招いた。さらに3人目を要求してきたので「いいかげんにしてほしい。それ以上言うならば、マスコミに話す」と断ったら、さすがに諦めた。

さて、ファンケルの成長に合わ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1139文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

池森賢二

ファンケル会長の池森賢二さんは1980年に無添加化粧品のファンケルを創業し、人々の「不安、不満、不便」を解消しようと奮闘してきました。子供のころに父を亡くし、中学卒業後に様々な職業を経て起業した激動の人生を振り返ります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン