/

この記事は会員限定です

イノベーションにどう向き合う 日本企業、組織的強み 再考を

S・ルシュバリエ 仏国立社会科学高等研究院教授

[有料会員限定]
ポイント
○技術的イノベーションの絶対視に疑問も
○競争力強化の手段ではなく幸福の源泉に
○この30年日本企業は人的資源管理を軽視

日本政府は第6期科学技術基本計画(2021~25年度)の策定に向けた議論を始めた。日本が社会的ニーズや科学・技術・社会の相互作用への配慮を優先課題としている点は興味深い。しかしそれだけでは不十分だ。科学者、技術者、市民の間でイノベーション(革新)を巡る対話を深める努力をもっと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2661文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン