/

この記事は会員限定です

池森賢二(20)脱税容疑

税務署が立ち入り調査 「ガセネタだった」と去る

[有料会員限定]

社員食堂で聞いた女性社員の「小柄な体形に合う服がない」「大きいサイズの品ぞろえが少ない」などの不満をきっかけに立ち上げたアパレル事業。世の中のサイズはMが中心だが、S以下とL以上で14%の市場シェアがあると分かり、成功すると確信した。

1990年8月にS、Lのみの「わがままカタログ」を創刊。商品は外部に生産委託した。だが所詮は素人。お客さんは少しでもサイズや好みが合わないと返品してくる。3000万...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1158文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

池森賢二

ファンケル会長の池森賢二さんは1980年に無添加化粧品のファンケルを創業し、人々の「不安、不満、不便」を解消しようと奮闘してきました。子供のころに父を亡くし、中学卒業後に様々な職業を経て起業した激動の人生を振り返ります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン