/

この記事は会員限定です

倉敷の「美観」生かした町づくり、二人三脚の足跡

大原総一郎構想、建築家・浦辺鎮太郎が実現 西村清是

[有料会員限定]

江戸時代の街並みを残す「美観地区」を中心に、岡山県倉敷市は多くの観光客でにぎわう。同市の発展を語る上で欠かせないのが倉敷紡績(クラボウ)や倉敷絹織(後の倉敷レイヨン、現クラレ)を立ち上げ、大原美術館を創設した大原孫三郎と、長男の総一郎だ。

発展の見取り図を描いたのが総一郎なら、その実現に奔走したのは倉敷レイヨンに営繕技師として入社し、後に自身を「大原総一郎の技師」と称した建築家・浦辺鎮太郎(19...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1185文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン