金融政策の効果と限界(中) マクロ政策の新枠組みを
早川英男 富士通総研経済研究所エグゼクティブ・フェロー

経済教室
コラム(経済・金融)
2019/11/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
ポイント
○非伝統的金融政策の効果への期待薄れる
○金融緩和が本来適切な政策対応の代替に
○財政政策を拡大する際は賢い支出重視を

2018年までは金融緩和からの「出口」が注目されていた。だが19年に入ると一転、米連邦準備理事会(FRB)が7月以降3回利下げしたほか、欧州中央銀行(ECB)も9月にマイナス金利の深掘りを含む追加金融緩和を決定した。金融市場では世界的な金融緩和ムードになっている。

しかし世界…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]