台湾の人形劇、街かどの小舞台で演じる伝統の技
恋も戦いも5本の指で鮮やかに表現 陳錫煌

カバーストーリー
2019/11/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

娘が黒髪を手で梳(す)き、金持ちは堂々とした足取りで歩く。高さ25センチメートルほどの人形が生きた人間のように動く。台湾の伝統的な人形劇、布袋戯(台湾語でポーテーヒ)の人形師になって70年以上になる。日本でいえば人間国宝に相当する「重要伝統芸術布袋戯類保存者」などの認証を受けたが、88歳の今も観客の拍手が何よりもうれしい。

中国発祥で台湾に伝わった布袋戯は、高さ180センチメートル弱、奥行き30…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]