トップこそ現場で「目」養え
仕事人秘録 日本精工名誉顧問、朝香聖一氏(17)

仕事人秘録
コラム(ビジネス)
2019/11/18付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 経営環境が激変した際、周りを説得して社長の任期を1年延ばした。

リーマン・ショックで売上高や営業利益が激減する中で構造改革を強行して、なんとか四半期ベースの赤字を止めて後任に渡せました。本社にはふるいに掛けられた情報しか上がってこない。トップは役員室でふんぞり返っていないで、自ら行って悪い話にも飛びついて難題を解決する。自分で改善する目を養う覚悟がトップには必要なんです。社内にばかりいる役員を見…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]