/

この記事は会員限定です

池森賢二(17)メーキャップ

無添加ゆえ 苦労の連続 口紅、ラインアップに黒と緑

[有料会員限定]

化粧水や乳液など基礎化粧品だけでなく、メーキャップ化粧品でも無添加を求める声が強まり、昭和62年(1987年)に参入を始めた。だが無添加でメーキャップに利用できる原材料は限られ、苦労続きだった。

例えば口紅。天然の色素を使うと色持ちする口紅の色が限られてしまう。製品化できるのはわずか5色。これでは余りに貧弱だ。何かいい手はないか。そこで天然色素を使えるが、登場したことのないような色を考えた。黒と緑...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1104文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

池森賢二

ファンケル会長の池森賢二さんは1980年に無添加化粧品のファンケルを創業し、人々の「不安、不満、不便」を解消しようと奮闘してきました。子供のころに父を亡くし、中学卒業後に様々な職業を経て起業した激動の人生を振り返ります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン