スタントマンから監督へ、アクションこそ我が人生
日米で格闘技生かした作品を製作 坂本浩一

カバーストーリー
2019/11/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

9歳のときに映画「ドランクモンキー 酔拳」(78年)を見て、主演のジャッキー・チェンに憧れた。16歳で倉田アクションクラブに入り、スタントマンになったきっかけだ。89年には渡米し、アクション映画やテレビドラマの制作に携わり、監督の修業も積んだ。2009年に一時帰国し、「仮面ライダーフォーゼ」や「獣電戦隊キョウリュウジャー」などで監督を務めるようになった。

70年代後半から80年代半ば、東アジアで…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]