最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 24,023.10 +598.29
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,960 +560

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

12月13日(金)14:20

官房長官 英総選挙「日系企業の円滑なビジネス継続を」[映像あり]

経財相 設備投資堅調「持続的成長の実現に期待」

12月13日(金)13:00

[PR]

投資番付

フォローする

韓国関連銘柄の上昇率 半導体関連が上位
日本株番付

2019/11/13付
保存
共有
印刷
その他

日本政府による輸出管理厳格化など日韓関係の冷え込みが企業経営に影響を与えている。こうした逆風のなかでも株価が上昇した、韓国との取引が厚い銘柄をランキングすると、次世代通信規格「5G」などをけん引役に、市況回復への期待が広がる半導体関連の企業が上位を占めた。

QUICK・ファクトセットで韓国売上高比率が1割以上(一部推計含む)の3月期企業を対象に、3月末からの株価上昇率を調べた。首位は半導体検査装置のホロン。主力のフォトマスク用製品の新規受注が韓国以外で伸びており、7日には20年3月期の通期業績予想を上方修正した。

2位のアドバンテスト、3位のTOWA、4位のサンケン電気など上位10社のうち7社を半導体関連が占めた。7位の東京エレクトロンは半導体装置の受注状況が上向いているとして、10月末に20年3月期通期の連結純利益見通しを上方修正した。

5位のJCUはスマートフォンの高機能化に伴い銅メッキ薬品の引き合いが強まっている。

投資番付をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム