中国経済 どうみるか(上) 財政・金融政策の積極連携へ
梶谷懐 神戸大学教授

経済教室
コラム(経済・金融)
2019/11/13付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
ポイント
○貿易戦争と過剰債務削減が響き景気悪化
○政府関係者は財政ファイナンス実施示唆
○地方政府主導の非効率な投資の抑制カギ

10月18日に発表された中国の2019年7~9月期の実質経済成長率は6.0%となり、四半期の統計としては過去最低水準となった。中国経済の不調については18年後半ごろから指摘されており、このまま長引けば日本を含む世界経済に及ぼす影響が懸念される。

背景に米中間の貿易戦争があるの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]