/

まるで大空 ロマンを投影 航空科学博物館(千葉県芝山町)

おもてなし 魅せどころ

NIKKEI MJ

成田国際空港の近くにある「航空科学博物館」は今年、開業30周年を迎えた。説明がなくても楽しめる施設を目指し大規模にリニューアル。プロジェクションマッピングを導入したほか、旅客機の模擬操縦ができるエリアを設け、国内はもちろん海外からの来場者も増やしている。

模型の旅客機が世界の空を飛び回る雰囲気を演出

「うわー、でかい! 動いてるぞ!」。空港のゲートをイメージした入り口から中に入ると、子どもの歓声とともに、旅客機「ボーイング747」の模型が目に入った。8分の1サイズとはいえ全長は10メートル。壁面に投影されたオーロラや海の風景にあわせて動き、世界の空を飛び回っているようだ。

リニューアルした博物館のコンセプトは「みて・ふれて・感じて もっと空が好きになる」。イメージが膨らむプロジェクションマッピングを施設の目玉に据えた。

歴代の飛行機のミニチュア約300機が立ち並ぶ展示エリアも新設した。ライト兄弟が最初に発明した機体から最新機までを順番に並べており、進化の歴史を見ることができる。

旅客機「ボーイング737」の操縦訓練で実際に使用するフライトシミュレーターは、日本航空の元パイロットに手順を教えてもらうことができる。操作に連動して前方の画面が動き、実際に操縦しているような気分を味わうことができる。博物館を家族で訪れた中国人の男性(24)は「飛行機の形や特徴は世界共通。見ててなんとなく内容がわかり、面白い」と笑顔で話す。

博物館は公共交通機関で来場する場合、タクシーを除くと路線バスが唯一の交通手段だ。数年前まで訪日客が来ることはほぼなかったが、便数を増やして以降、徐々に増えている。現在は利用客の1割程度を占めるようになった。

成田空港に隣接しているため、訪日客は乗り継ぎの間に訪れることも多い。最近では、施設を訪れた外国人がSNSでプロジェクションマッピングなどの情報を拡散。それを見た友人らが訪れるケースも出てきた。

増加傾向の訪日客に博物館の担当者は「これまではネットなどでたまたま知った人が訪れる待ちの姿勢だった。今後は海外のツアー会社などに積極的に営業をかけていきたい」と話す。30年の時を経て進化した博物館は、世界に向け羽ばたこうとしている。

(千葉支局 出口広元)

[日経MJ 観光・インバウンド面 2019年11月10日付]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経MJをPC・スマホで!今なら2カ月無料

 ヒット商品の「売れる」理由を徹底リサーチ。売り場戦略から買い手の最新動向まで独自に取材。「日経MJビューアー」ならPC・スマホ・タブレットで読めます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料のキャンペーン実施中!

詳細はこちらから

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン