最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 24,023.10 +598.29
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,960 +560

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

12月13日(金)14:20

官房長官 英総選挙「日系企業の円滑なビジネス継続を」[映像あり]

経財相 設備投資堅調「持続的成長の実現に期待」

12月13日(金)13:00

[PR]

投資番付

フォローする

年初からの時価総額上昇率 半導体関連が上位
日本株番付

2019/11/6付
保存
共有
印刷
その他

米中貿易摩擦の懸念がやや薄れ、日経平均株価が年初来高値圏で推移している。2018年末と比べた上昇率は1割強。なかでも時価総額を伸ばした企業はどこか。

日経平均の採用銘柄を対象に18年12月末と比べた時価総額の増加率をランキングした。首位は半導体製造装置のアドバンテストで、上昇率は約2.3倍。次世代通信規格「5G」の実用化に向けスマートフォンや半導体のメーカーが設備投資を増やしており、業績への追い風を期待する買いが集まっている。半導体市況の回復を見込んだ買いが入る東京エレクトロンSCREENホールディングスも上位に並んだ。

2位の武田薬品工業はアイルランド製薬大手シャイアーを買収するため新株発行した影響が大きい。第一三共は英アストラゼネカとの提携などが好感され、時価総額は約2倍に増えた。

米中摩擦が逆風になったFA(工場自動化)銘柄にも買い戻しの動きがみられる。10位の安川電機は中国向け受注が改善して時価総額が56%増えた。

投資番付をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム