伊集院静「ミチクサ先生」(56)

伊集院静「ミチクサ先生」
2019/11/6付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
その他

四谷の丘のてっぺんから渋谷の村、内藤新宿を見渡すと、いくつもの山、谷が連なっている。

子規は東京の生活に慣れた何年か後"はて知らずの記"として旅日記をまとめている。その健脚振りは、三十日間で東北一周の実にさまざまな場所を独り歩きとおした折の繊細で美しい描写を読めばわかる。

この健脚と並んで、子規の大好きなものに、食べることがあった。

子規は大が付くほどの"食いしん坊"だった。

この日は松山の後…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]