/

この記事は会員限定です

シリア 震える橋を渡って ウェンディ・パールマン著

故郷を追われた人々の肉声

[有料会員限定]

テロ組織イスラーム国(IS)がイラクやシリアの拠点を失い、アサド大統領の独裁政権の「勝利」が既成事実化されると同時に、多くの人たちが中東の現状に関心を失ってしまったようにみえる。しかし、シリアでは今もISのテロがつづいているし、国民が自由を獲得できたわけでもない。

本書は2011年にはじまったシリア内乱で故郷を追われた90人近いシリア人の生の声を記録した、いわゆるオーラル・ヒストリーである。著者は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り725文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン