/

この記事は会員限定です

吉本隆明からはじまる 瀬尾育生著

世界思想として検証試みる

[有料会員限定]

吉本隆明が亡くなってから、7年半、待望の吉本隆明論が、瀬尾育生の手によって出された。著者がもっとも思想的な力を傾けているのは、巻頭に置かれた60頁(ページ)に及ぶ力作論文「エンテレケイアにいたる」だろう。吉本の主要な著作、文学者の戦争責任論、『言語にとって美とはなにか』、『共同幻想論』、スターリン主義批判、『心的現象論』、宗教論などが対象になっているが、ただ、それを論じているわけではない。それぞれ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り725文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン