/

この記事は会員限定です

特許からの先端情報流出 安全保障上の審査存在せず

杉光一成 金沢工業大学教授/伊藤俊幸 金沢工業大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○諸外国は軍事情報の流出防止策が常識に
○モノの輸出は制限できるが情報は難しい
○政府は先端情報の流出実態の調査研究を

機密情報の中でも、特に国家の安全に関わるのが軍事技術あるいは軍事転用可能技術に関する情報である。軍事技術は通常、最先端の技術である。最先端の技術といえば特許出願する、というのが一般的だ。それは「早く出願した者の勝ち」だからである。

問題は、我が国の法律では、仮に軍事転用可能技術...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2518文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン