全世代型社会保障の課題(上) 財政の現実「見える化」が先決
鈴木亘 学習院大学教授

経済教室
コラム(経済・金融)
2019/11/5付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
ポイント
○検討会議も社会保障財政への危機感希薄
○「全世代型」は世代間格差の是正こそ本旨
○長期見通しを独立財政機関が作成も一案

参院選後に先送りされていた社会保障改革を集中的に議論するため、政府の全世代型社会保障検討会議が9月に立ち上げられた。

これまでも関係各省を束ね、政府が一体的に議論する会議はあった。だがまずは消費税率引き上げという結論ありきで、その理由付けのための社会保障改革も個別分野の縦割…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]