/

この記事は会員限定です

全世代型社会保障改革に向けて 若者の働き方支える視点を

松元崇 元内閣府事務次官

[有料会員限定]
ポイント
○スウェーデンは高成長で政府規模を縮小
○有意な転職支える流動的な労働市場カギ
○国が成長しなければ国民の所得増えない

9月に発足した第4次安倍再改造内閣で全世代型社会保障改革担当相が設けられた。任命された西村康稔氏は「すべての世代が安心できる社会保障制度へと改革を進めたい」と意気込みを語る。社会保障改革と言われてすぐに連想するのは年金、医療、介護分野だが、日本の繁栄にとって重要なのは、若者の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2657文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

経済教室

マクロ経済学などを専門とする学者や有識者が内外の論文やデータを紹介しながら、学術的な視点から経済の動きをわかりやすく解説します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン