/

この記事は会員限定です

アドレス 不等辺三角形を自覚する

田村尚之(7)

[有料会員限定]

まずはアドレスの構えから。ゴルフは正面を向いて構えた自分の真横にボールを飛ばす。もしもグリップを左右の両手をおがむように合わせて同じ高さで握るなら、両肩と両腕でできる体の前の三角形はグリップを頂点とする二等辺三角形になるはずだ。

そうすればボールの位置は真ん中で体の真横、右打ちなら左方向に球を飛ばせる。ボールの位置を真ん中にするのはヘッド軌道の最下点でボールをヒットしたいから。

ところが、実際にク...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り541文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン