最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 24,083.51 +42.25
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
24,080 +50

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「岡崎良介の点と線」[映像あり]

1月20日(月)14:20

前田建設と前田道路 「親子」で異例の対立[映像あり]

すかいらーく 24時間営業を廃止 人手不足が背景

1月20日(月)13:00

[PR]

投資番付

フォローする

日本株タイプで人気なのは インデックス型が上位
投信番付

2019/10/31付
保存
共有
印刷
その他

日経平均株価は10月に、一時2万3000円台に乗せた。景気持ち直しを期待するなら、世界の景気敏感株とされる日本株に注目が集まるだろう。過去1年(9月末)、国内株式型投資信託で人気を集めた商品を調べた。

9月ごろまで日本株市場は不安定な状況が続いたため、上位でも資金流入額は400億円に満たない。投資家のコスト意識の高まりから、インデックスファンドが半数を占める。

トップはアセットマネジメントOne「日経225ノーロードオープン」。同投信は日経平均株価に連動する投信の中では信託報酬が年率0.88%(税込み)と高め。NISAの対象だが、積み立てNISAの対象ではない。それでも資金を集めたのは、販売会社が74社と多いことが背景と考えられる。

近年、インデックスファンドは信託報酬の引き下げ競争が激しい。日経平均株価型であれば、最低と最高で0.7%超の開きがある。投資期間が長くなるほど、その差は運用成績に響く。

(ファイナンシャルリサーチ代表 深野康彦)

投資番付をMyニュースでまとめ読み
フォローする

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム