最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 24,041.26 +108.13
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
24,030 +90

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

1月17日(金)14:20

SBIと筑邦銀が資本業務提携 「地銀連合構想」第3弾[映像あり]

中国 19年は6.1%成長に減速 29年ぶり低水準

1月17日(金)13:00

[PR]

投資番付

フォローする

2月期企業の純利益進捗率 首位は吉野家HD
日本株番付

2019/10/30付
保存
共有
印刷
その他

小売りや外食が多い2月期決算企業の2019年3~8月期の決算が出そろった。通期の純利益予想に対する進捗率を調べたところ、首位は牛丼チェーン「吉野家」を展開する吉野家ホールディングス(HD)だった。

同社は牛丼の新サイズ「超特盛」が好調で3~8月期の最終損益が2年ぶりに黒字に転換した。下期は10月の消費増税の影響など不透明要因があるため、通期予想の上方修正はしていないが、年初来の株価上昇率は4割を超えている。

コンビニエンスストアは2位にローソン、4位にファミリーマートが入った。いずれもプライベートブランド(PB)のヒット商品が業績をけん引し、増益を確保した。ただ、人手不足のほかコスト上昇など経営環境は厳しさを増しており、株価はさえない。

8位の松竹はシネマコンプレックス(複合映画館)事業が好調で3~8月期の純利益は5割増えた。通期予想は据え置いたが、下期も「アナと雪の女王2」など大作公開があり、期待先行の買いが入っている。

投資番付をMyニュースでまとめ読み
フォローする

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム