/

この記事は会員限定です

河東碧梧桐 石川九楊著

書と俳の革新者 両面に迫る

[有料会員限定]

明治俳句の革新者たる正岡子規は早世し、高浜虚子と河東碧梧桐が衣鉢を継いだ。2人は争い、虚子率いる「ホトトギス」が俳壇の王位に座る。碧梧桐は敗北し、作品は〈赤い椿白い椿と落ちにけり〉が知られるのみ――一般の俳句史はこのように整理しがちだ。それに正面から異を唱えたのが書家の石川氏による本書である。

「碧梧桐が、俳句をどこまでも文学的表現ととらえ、前へ進めようと試みているのに対して、高浜虚子は、俳句を大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り727文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン