/

この記事は会員限定です

民主主義脅かすポピュリズム ヤシャ・モンク氏

米ジョンズ・ホプキンス大高等国際問題研究大学院准教授

[有料会員限定]

欧米でポピュリズム(大衆迎合主義)が民主主義の脅威になっている。右派、左派ともにポピュリズム指導者は自らを国民の唯一の代表と見なす。反対する者を「国民の敵」「裏切り者」と切り捨てるなど、政治手法に独裁的な要素がある。民主主義体制を防衛するため、国民の危機への認識を広げ、価値観の違いを超えた幅広い層の結集を促さなければならない。

米国のトランプ大統領が就任した当初は、同国の民主主義の機関により大統領...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1714文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン