/

この記事は会員限定です

鈴木幸一(21)キャリアへの道

自前の回線持たず制約も 新電電の買収失敗、区分所有狙う

[有料会員限定]

1990年代後半はインターネットの普及が一気に加速した時代で、IIJの事業も順調に伸びた。東京を飛び越えていきなり米国市場に上場したことで知名度が上がり、就職人気も高まった。

しかし、私は内心「今のままではいずれ限界がくる」と考えていた。IIJは通信会社といっても、かつての区分で「特別第2種電気通信事業者」に分類されていた。自分自身は光ファイバー網などの通信回線を所有せず、NTTやKDDなどのいわゆるキャリア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1131文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

鈴木幸一

インターネットイニシアティブ(IIJ)会長の鈴木幸一さんは、1992年にIIJを設立し、日本で初めて商用のネット接続サービスを実現しました。自らを「落ちこぼれ」と称する創業経営者が波瀾(はらん)万丈の人生を振り返ります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン