21世紀の美術館建築(6) 「ブザンソン芸術文化センター」
建築評論家 五十嵐太郎

美の十選
2019/10/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

フランスは文化施設をパリに一極集中させず、地方に分散させるプロジェクトを推進しており、その拠点のひとつとして美術館、ホール、音楽学校を複合したブザンソン芸術文化センターが2013年にオープンした。国際コンペで設計者に選ばれたのが、隈研吾である。その人気の秘訣は炎上しない建築だろう。デザインが威圧的になって、嫌われてはいけない。そこで彼は小さなパーツを被(かぶ)せ、徹底的にヴォリュームを分解し、や…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]