/

この記事は会員限定です

天皇の言葉がつなぐ歴史 文芸評論家 安藤礼二

即位の礼、日本書紀の時代から連綿と

[有料会員限定]

歴代の天皇の即位礼には、時代を超えて変わらない要素がある。文芸評論家の安藤礼二氏によると、なかでも天皇が自らの即位を広くのべる言葉は、日本の過去と現在を結び合わせる働きを持つとされてきた。

歴史を見ると、新たに天皇の位につく者は即位式(即位礼)を行い、大嘗祭(だいじょうさい)を営まなければならない。即位式は、天皇の位を継ぐ者が「高御座(たかみくら)」に登り、自らの言葉で即位を宣言する。

大嘗祭は、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1153文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン