時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,468,675億円
  • 東証2部 73,457億円
  • ジャスダック 95,712億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.24倍 --
株価収益率15.04倍15.73倍
株式益回り6.64%6.35%
配当利回り1.90% 1.91%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,319.87 -200.14
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,300 -250

[PR]

マーケットニュース

フォローする

高速取引(HFT)とは データ基に1秒で数千回の売買注文
きょうのことば

2019/10/20付
保存
共有
印刷
その他

▼高速取引(HFT) HFTはハイ・フリークエンシー・トレーディングの頭文字で、コンピューターを駆使した超高速の金融取引を指す。過去の価格の動きを統計的に分析し、1秒間に数千回もの高頻度で売買の注文を繰り返す。わずかな値幅、瞬時の動きをとらえて資金を回転させることで利益を積み上げる。株式のほか、デリバティブ(金融派生商品)や外国為替など取引規模が大きく流動性の高い市場を取引対象とする。

取引価格のゆがみをとらえて、割高なものを売り、割安なものを買うという取引が多い。多くはその日のうちに反対売買で決済するため、相場全体の値動きを抑制する効果があるとされる。ただ、プログラムの不具合で株価が急落したり、短時間で値動きが増幅したりする例もある。

市場に売り注文や買い注文を常に出す「メーカー型」と、メーカー型の注文に注文をぶつけて約定させる「テイカー型」の2つに大きく分けられる。HFT業者は市場への流動性の供給者として重要な役割を果たす。一方、株価情報をいち早く取得し、ほかの投資家に先駆けて取引する手法については批判的な声もある。日本では金融庁がHFT業者の登録を義務付けており、現在、54社が登録している。

【関連記事】
東証、注文処理速度1.5倍に 高速取引に対応
海外勢の日本株投資、アベノミクスを「売り越し」
データで稼ぐ、変わる世界の証取 M&Aも加速
取引速度あえて遅らす 「高速業者」への不満解消
東芝、為替の高速取引システム開発 フィンテック市場開拓

マーケットニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

マーケットニュース 一覧

フォローする

読まれたコラム