/

量子コンピューターとは グーグルなど参入、開発活発

きょうのことば

▼量子コンピューター 物質を構成する原子や電子など、極微の世界で成り立つ物理法則「量子力学」を応用したコンピューター。従来のコンピューターは「0」と「1」のビットという単位で情報を表して計算するが、0と1の並び方によって膨大な量の計算が必要になる。これに対し、量子コンピューターは0と1のどちらでもある「重ね合わせ」という特殊な状態を利用して計算する。この原理を応用すれば、従来は難しかった計算が短時間でできると期待されている。

基本的な概念は1980年代に登場。量子コンピューターは金属を極低温まで冷やす「超電導」と呼ぶ現象などを利用してつくるが、高度な技術がいる。近年、米グーグルなどIT(情報技術)大手が参入して開発競争が活発になり、性能が急速に向上している。

量子コンピューターには複数のタイプがある。グーグルや米IBMは汎用性の高い「量子ゲート方式」と呼ばれる種類の開発を進める。商用化ではカナダのベンチャー企業が開発する「量子アニーリング方式」が先行している。両方式とも特徴と課題があり、世界の企業、大学などが具体的な活用法の研究を進めている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン