/

この記事は会員限定です

アラスカ探検記 マーク・アダムス著

過去と現在 複眼的な筆致で

[有料会員限定]

19世紀から20世紀初頭にかけて、自然保護の分野で活躍したジョン・ミューアという人物がいる。彼は開拓とゴールドラッシュの時代のアメリカにおいて、氷河やカリフォルニアの大自然の重要性をいち早く訴え、今では「自然保護の父」と呼ばれる。ルーズベルト大統領とも深い交流があり、同国における「国立公園」の確立にも大きな影響を与えた。本書はそのミューアが百年前に行った探検の足跡を追いながら、現在のアラスカの姿に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り709文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン