エネルギー400年史 リチャード・ローズ著 発展の歩みと負の側面描く

読書
2019/10/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

16世紀末のイギリスで、煮炊きや暖を取るには薪が燃やされていた。しかし、木材は建物、帆船などにも広く使われ、欠乏していた。そのため、豊富に存在した石炭が燃やされるようになっていった。本書は、その後現在まで400年にわたる、石油、原子力、再生可能エネルギーといったエネルギー使用の歴史を取り扱う。

第1部の中心は、19世紀半ばまでのイギリスにおける石炭採掘、利用と蒸気機関の発展である。手近に豊富にあ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]