わたしのいるところ ジュンパ・ラヒリ著 簡単に近代化できぬ家族観

読書
2019/10/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

つぶれそうな心を抱え、ひとりある町に暮らす「わたし」が語る短い話が連なる。最終章は同じ電車に乗り合わせた浅黒い肌の「陽気な暴徒」の話だ。情熱的な音楽で歌い、オレンジや乾燥イチジクを平らげ「わたし」にも勧める外国人たちが一斉に去ったあとで、勧められたものを断ったことを「わたし」は後悔する。「彼らはわたしに、わずかなパン屑(くず)さえ残していってはくれなかった」

惹(ひ)かれながらもこの人達は自分と…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]