/

この記事は会員限定です

精密への果てなき道 サイモン・ウィンチェスター著

産業化と文明の進化を促す

[有料会員限定]

精密とは蒸気機関のために作り出された概念であり、この発見は工学の歴史のなかで特筆すべき出来事だった。ある基準値からの差を一定範囲に収めた精度で作られた部品から組み上げられた機械だけが、設計どおりの力を引き出し、動きを繰り返し再現できる。初めての「精密」な機械は、ワットの蒸気機関用のピストンと組み合わせるためのシリンダーを作る工作機械だった。そして産業革命が起きた。

本書は時計や大砲、蒸気機関や自動...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り711文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン